合宿免許で受ける試験の種類と免許取得までの流れ

宿泊しながら、独自のカリキュラムによって効率的に教習を受け、短い期間で運転免許をとる事ができるのが合宿免許の魅力です。

自宅から通学する教習所とは異なり、自分で予約を取る必要もなく、入校時にあらかじめスケジュールがきちんと決まっているので安心です。 卒業までに要する期間はオートマチック車ならば最短で14日間で卒業できるところもあり、まとまったお休みの取りやすい学生などには高い人気があります。

しかも合宿免許滞在中の宿泊費用や食事代まで含まれた料金でありながら、通学タイプの教習所よりも料金が割安なところもあります。 合宿免許での普通免許取得の代表的なスケジュールとしては、希望の合宿免許に申し込んで入港手続きを済ませてから、入校に関する説明や適性検査などを受けます。

その後第一段階として学科と技能教習を受け、技能試験の修了検定試験と仮免許学科試験を受け、仮免許を取得します。 その後第二段階で路上教習と学科教習を受けて、卒業検定の技能試験を受け、卒業証明書の交付を受けるところまでで合宿生活は終了です。

そして帰宅後に卒業証明書を持って住民票のある運転免許試験場へと出向いて適性試験と学科試験を受け、合格すれば運転免許を取得することができます。

Copyright(c) 2015 合宿免許のメリット All Rights Reserved.