合宿免許を利用した運転免許の取り方

宿泊施設に滞在しながら、一定期間で運転免許を取得できるのが合宿免許というシステムです。 宿泊しながら集中して効率よく教習を受けることができ、通学の教習所とは異なり、自分で予約を取る必要もなく、入校時にあらかじめ卒業までのスケジュールが決まっていて、きちんと決められた期間内で免許をとれるようにカリキュラムが組まれているので安心です。

合宿免許の特長である短期集中型のカリキュラムによって確実に結果を出せる、安心できる運転免許の取り方です。 しかも通常合宿免許で表示されている費用には、滞在中の宿泊費や食費まで含まれているにもかかわらず、通学の教習所にかかる費用とほとんど変わらないか、むしろ割安になるところも少なくありません。

合宿免許の普通車のモデル的な免許の取り方としては、まずは電話やホームページから申し込み、必要書類を持って入校します。 その後適性検査や入校説明などを受け、先行学科も受講します。 そして第一段階で学科と技能教習を受け修了検定と仮免学科試験を受け、仮免許を取得し、第二段階で路上教習と学科教習後に卒業検定を受けて卒業証明書の交付を受け、合宿免許は終了し、 帰宅後に運転免許試験場で本試験を受けて合格すれば運転免許証の交付を受けることができます。

Copyright(c) 2015 合宿免許のメリット All Rights Reserved.